梅雨明け撤回?闇迫る時間制限最後の一本!70巨大魚誘い食い! 【kakeroma fishing】

こんにちは!mitsumaru300です!!

梅雨明けした加計呂麻島ですが、台風シーズンも重なりまだまだ海は荒れています。カヤックフィッシングの師匠曰く、「夏はあまり釣れない」とのこと。熱中症のことを考えると午前中で釣果を出したいところですが、、、、生き物相手だとなかなか思い通りにいきませんね。工夫を凝らしてじっくりやっていくしかないなと思っています。

今週の動画内容は、午前は全く釣れず、大物釣果をあきらめていたところにエビング赤い大物が掛かります!ブログの前半は釣行詳細、後半は午前中にジギングの反応が悪いときの釣果を出す工夫を記載しました。ぜひご覧ください!

mitsumaru
mitsumaru

それでは、今週の動画はこちら!!

衝撃の釣り!何これ?エビングで70巨大魚釣れたよ【kakeroma fishing】
この記事を書いた人
mitsumaru300

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)。Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」の情報もお伝えしています。ぜひご利用ください!下記のSNSボタン↓↓からフォローできます。

mitsumaru300をフォローする

動画詳細

釣りの天気:晴れのち曇り、中潮、満潮→干潮→満潮、風1→3m/s、波0.3→0.7m

午後になるにつれて天候は悪くなる予報なので、できたら午前中に釣果をあげて帰るプランでした。

しかし、午前中に釣れたのはタイラバの針にやどかりの生き餌をつけて、なんとか釣れたメガネハギ1匹、、、。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_E8781.jpg です

メガネハギ Ⓒ2019mitsumaru300

魚探に魚の反応はあるのに、ジギングではあたりなし。

だいぶ水温は高くなり、早朝でも魚が釣れそうな感じはあるのですが、厳しい結果でした。タイラバ生き餌付きでハタなどが釣れると嬉しいのですが、やはりハギの猛攻の方が一枚上手ですね。

休憩がてら浜に上陸し、崖の長命草をとり、次のポイントへ向かいます。

予報通り午後からは風波強くなりいまにも雨が降りそうな状況となりました。

これで釣れないならもう帰ろうと、水深110mのポイントで切り札のエビングを投入してみました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 01000000-800x232.jpg です

左:ワンピッチジャークの誘い時に何かが当たってきた感触 右:喰いついた瞬間ロッドが海中に引き込まれる Ⓒ2019mitsumaru300

ワンピッチジャークの「リール森のくまさんカンパチ」のリズムで誘いをかけている最中に喰ってきました。

ワンピッチジャークについて詳しく知りたい方こちらの過去ブログをご覧ください。

なにかが少し喰ってきた感じがありつつ(左上画像)続けていると、ガツンと喰いついた瞬間にロッドが海中へ引き込まれます(右上))。ガガガガガーと激しいドラグ音がたまりません!やっとかかった大物、、、これは丁寧に対応してなんとか釣りあげなければいけません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 01000001-1-800x153.jpg です

左:浮上した大物 中央:ラインが絡まりながらも引き寄せた魚体 右:無事にキャッチ Ⓒ2019mitsumaru300

10分ほどの楽しいファイトをしてくれた魚が10m先の海面に浮かんだ瞬間(左上)、巨大すぎて笑ってしまいました。離れていてもわかる大きさで赤い体色をしています。エビングのラインが絡まる中、なんとかカヤックの横まで引き寄せると、、、とても体高のある魚体です(中央)。脳圧が上がって眼が腫れています。この状態だと暴れないので、簡単にフィッシュグリップを差し込んで取り込み完了です(右上)。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8804.png です

エビングワームW掛けで70㎝の大物GET!!Ⓒ2019mitsumaru300

エビングの構成は、いつも通りのジグパラバーチカルロング120gクラッシュシルバー、エビングスティック3.5ケイムラクリア+ケイムラピンクコアを使用しました。

これで釣れないときはあきらめて帰るほどの釣果を叩き出してくれるタックルです。

ヨコフエダイ 加計呂麻島 Ⓒ2019mitsumaru300

いやぁ~それにしても美しい魚体ですね。

釣れた魚は体長70㎝のヨコフエダイ。体高もあり発色もよく満足の一尾でした!

これから暑くなる季節に早朝で勝負を決めたいところですが、いまのところ釣れるのはほとんど午後ですね。

夕方短時間での釣行とするか、このまま早朝釣行を継続するか悩みどころです。

夕方釣行にしてすぐ釣れるといいのですが、釣れないとかなり気持ちが焦ってしまって釣りを楽しめないこともざらなんですよね。最近の悩みどころです、、、ということで、

次回対策として、ジギングの反応が悪い午前釣行時に釣果を出す工夫を考えてみたいと思います。

次回対策

熱中症対策も含めて、ジギングの反応が悪い午前釣行時に釣果を出す工夫を考えてみたいと思います。まずはジギングを75gから120g、エビングを試しても釣れない場合は、タイラバ生餌付きを試し、その後は餌釣りへ移行するのも一つの手かなと思っています。かといって、オキアミなど生ものを持っていくと手間だし臭いし大変ですよね。そこで、タイラバの生き餌として使っているヤドカリ、島人の先輩にいただいた弓形をした錘一体型の天秤、ロッドやリールはジギング用をそのまま利用したいと思っています。とりあえずは水深40~60mぐらいで魚探の反応があるところで試してみようと思います。この結果はまた報告しますね。

ということで本日はここまで。

加計呂麻島の暮らし、旅行時の注意点などをまとめたブログや動画を下記に紹介しておきますね。素敵な加計呂麻島への旅になりますように。

2019旅行者必見!自分でできるサメ対策

ぶらり加計呂麻島のたび:果樹とイカ釣りの俵集落【kakeroma life】

加計呂麻島のきのこ・しいたけ作り【kakeroma nature】

ぴよぴよからモフモフになるヒナ鳥を堪能する動画【あかひげ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」をお伝えしています!下記のSNSフォローボタンからぜひご利用ください!
mitsumaru
mitsumaru

mitumaru300でした!!