【カヤック手釣り】のエギングと泳がせ仕掛けまとめ【kakeroma fishing】

こんにちは!mitsumaru300です!!

さて今回は、カヤック手釣りにてイカ釣りと泳がせ釣りを試してみました。仕掛けの再考を踏まえてまとめたのでぜひご覧ください!

スポンサーリンク

mitsumaru
mitsumaru

それでは、今週の動画はこちら!!

【カヤック手釣り】の可能性を探ってみた!【kakeroma fishing】
この記事を書いた人
mitsumaru300

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)。Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」の情報もお伝えしています。ぜひご利用ください!下記のSNSボタン↓↓からフォローできます。

mitsumaru300をフォローする

釣り天気

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3814.jpg です

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

加計呂麻島、春、中潮、満潮前後、曇り時々晴れ、波風穏やか
海の中も心なしか春を感じますね!

カヤック手釣りエギング仕掛けと方法

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1-2-800x232.jpg です

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

仕掛けは左上画像の通り。今回は右上画像のように位置取りを考えてみました。前回試したときは錘が重すぎて真下に仕掛けが落ちてしまい、誘い方が上下方向になりイマイチ上手く誘えている感じがしませんでした。

今回のように仕掛けが自分の後方に流れてくれると、シュッとラインを引く感覚がしっかりと伝わってきました。

そのかいあってか初めてこの仕掛けでイカのアタリを感じました。くくっとエギが引っ張られる抵抗を感じ、イカが引っ張る力と同程度の抵抗をかけて2秒ほどじっとしていたら外れてしまいました。

後日海釣りの師匠に確認したところ、イカがエギを抱いた時の抵抗を感じたら軽く「合わせ」を行い、そのままラインを緩ませずに最後まで引き寄せることが大切だと習いました。

この言葉を胸に、次回は合わせを入れてみたいと思います。

誘いについても、陸のエギングで誘いをするときは素早く5回ほど誘いを入れるので、カヤックエギングでも素早く誘いを5回ほど入れてみたいと思います。

カヤック手釣りの泳がせ仕掛けと方法

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3818.jpg です

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

仕掛けは上記の通り。
前回との違いは、ハリスをフロロ8号へ細く変更したこと鈎を3つ使用したことです。陸での泳がせ釣りでの考えを取り入れて上針はフリー、中針は鼻掛け、下針は腹掛けにしました。

フィッシュグリップは魚が滑ってロストしてしまうリスクが高いので、薄い手袋をし、海水で手の体温を下げてから直接魚を把持することにしました。

泳がせをするポイントは、根魚狙いなので根が荒い浅場、海底より3~5mほど上にオジサンを配置するようにしてみました。

今回は餌のオジサンを釣った後で少し時間が経ってしまい魚の活性が低い時間になってしまいました。時合が30分程度なので餌なしサビキに時間をとられてしまうと、泳がせをするときには活性が低くなってしまうというジレンマがあります。それに対して今回は泳がせ釣りとサビキ釣りを同時におこなってみたのですが、動画の内容のようにサビキと泳がせラインが絡まってしまいました。泳がせ釣りは待ち時間が長く、待ったからと言って必ず釣れるわけでもないので、本当はサビキと同時にできたら効率がいいのですがなかなか上手く行きませんでした。

これまで4回ほどカヤック泳がせ(ロッドリールバージョン、手釣りバージョン)をしましたが、一度もエサのオジサンが喰われていません。

今回ハリスをフロロ8号へ細くしましたがこれ以上細くするのは、根の荒い場所で釣れた時のやり取りを考えると厳しそうです。工夫するとすれば鋳込み(いこみ)天秤を何かほかのものに代用して小さくすることでしょうか。陸での泳がせに使用するつもりの遊動式パイプ天秤に錘をつけて代用するのもいいかもいれません。次回チャレンジしてみたいと思います。

あとは、泳がせをするポイントは根魚狙いなので浅場で根が荒い場所はそのままで、魚の活性が高い時間帯に行うことでしょうか。サビキと同時にするのが難しいので、サビキの時間を削るしかないですね。とても悩ましいですが、、、、。

なぜか今年の冬~春はジギングの反応が悪いので、餌なしサビキに頼りっぱなしですがお土産確保にはかかせないので手放せません。
ホウセキキントキが良く釣れます!

次回対策まとめ

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

カヤック手釣りエギングでは、イカがエギを抱いた抵抗を感じたら「合わせ」を忘れないこと。泳がせでは魚の活性が高い時間帯に行うこと。サビキと泳がせは同時にやらないこと(絡まるので)。

以上に気を付けてまたやってみたいと思います。

ということで本日はここまで。

加計呂麻島の暮らし、旅行時の注意点などをまとめたブログや動画を下記に紹介しておきますね。素敵な加計呂麻島への旅になりますように。

加計呂麻島への交通手段はこちら!

南の島旅行者必見!ハブ対策【kakeroma life】

ヌカカ被害を避けるために旅行者がまずやるべきこと【kakeroma life】

旅行者必見!自分でできるサメ対策

ぴよぴよからモフモフになるヒナ鳥を堪能する動画【あかひげ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」をお伝えしています!下記のSNSフォローボタンからぜひご利用ください!

mitumaru300でした!!