【ぶらり加計呂麻島の旅】塩と珊瑚の須子茂(すこも)集落【kakeroma trip】

こんにちは!mitsumaru300です!!

最近の加計呂麻島は、9月に入り朝晩が涼しくなってきました。夜は扇風機なしでも眠れるほどです。過ごしやすいなぁと思っていたら、台風の猛ラッシュが始まりました。今年は今のところ加計呂麻島に直撃する台風はまだ来ていません。今回の強い台風15号は8日夜~9日にかけて関東を通過するようです。すでに台風接近への影響を見据えて海、空の便の運航中止や欠航を決めていますので、住民の方も旅行者の方もお気をつけください。

さて今回は、加計呂麻島の須子茂集落をぶらり訪れてみました。集落から直にみる海の碧さは加計呂麻随一かもしれません。そんな須子茂の海からくみ上げた海水を使用した「加計呂麻の塩」工場、集落を見守る神社、子どもたちも集まるカフェ、立派なデイゴの残る須子茂小学校などをぶらり歩いたので紹介します。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

 

mitsumaru
mitsumaru

動画はこちら!!

ぶらりひとり旅 加計呂麻島~サンゴと塩の須子茂集落~【kakeroma trip】
この記事を書いた人
mitsumaru300

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)。Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」の情報もお伝えしています。ぜひご利用ください!下記のSNSボタン↓↓からフォローできます。

mitsumaru300をフォローする

加計呂麻の塩工場

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1-2-800x154.jpg です

加計呂麻の塩 左:須子茂堤防 中央:海水をくみ上げるパイプ 右:工場 Ⓒ2019mitsumaru300

まずは集落の端にある堤防を覗いてみました(左上)。この海に入ってみると、、、海底にパイプが走っています(上中央)。このパイプは海水をくみ上げるポンプから延びていて、加計呂麻塩技研の塩釜まで通じています(右上)。

この綺麗な海水を4日間塩釜で煮詰めることで、とてもコクと深みのある「加計呂麻の塩」が出来上がります。

出来上がった塩の検品方法は、だいぶマニアックですが動画とブログにてまとめてありますので、ご興味あればこちらの過去ブログをどうぞ。

 

休憩所

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2-3-800x154.jpg です

左:公民館 中央:アシャゲ 右:伝泊 Ⓒ2019mitsumaru300

続いて集落の中心に歩いていくと、公民館(左上)、土俵アシャゲ(上中央)があります。

このアシャゲは現須子茂の区長さんがコツコツご自分で建て直したそうです。すごい能力ですね。

須子茂の区長さんは加計呂麻島のバスの運転手さんも兼ねているので、旅行者の方はバスの中で会えるかもしれません。このアシャゲでは夕方に集落の方が集まってお話をしたりしてコミュニケーションの場となります。このアシャゲを海側に進むと、右手に黄色の暖簾が掛かった宿(右上)があります。ここは「伝泊」といって、奄美の伝統的建築の一棟貸し素泊まり宿となっています。

晴れた日にはシャワー室の屋根に座ってサンゴが透き通る須子茂の海をみて、夜には寝ながら満点の星空をみることができます。

須子茂の雰囲気をたっぷりと感じるこの宿で過ごす時間は、何物にも代えがたい思い出となるでしょう。 

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 3-3-800x229.jpg です

左:車いす用トイレ 右:休憩所 Ⓒ2019mitsumaru300

須子茂の公衆トイレは車椅子でも使用できるタイプなのが凄いですね(左上)。本州では当たり前のことかもしれませんが、加計呂麻島では珍しいのです。歩いて疲れたら休憩所(右上)もあるのでここで休むといいですよ。

ごみ箱はないので、ごみは買ったお店まで持ち帰って捨ててもらえると助かります。

 

カフェ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 4-2-800x153.jpg です

tiki coffee  Ⓒ2019mitsumaru300

さらに喉が渇いた時はカフェもあります。「Tiki coffee」では美味しいコーヒーと口どけがまろやかな韓国式のかき氷がありますよ。旅人や家族連れなどが集う場所となっていますのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。※動画内では「tiki」を「kiki」と表現してしまいました。誠にすいません。

神社

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5-800x153.jpg です

厳島神社 Ⓒ2019mitsumaru300

さらに集落を奥深く歩いていくと、趣のある鳥居がみえてきます。厳島神社と記載があります。この神社は前田氏によって海上安全祈願のために建立され、今も大切に集落の方たちに管理されています。この場所は、周りよりも1度ほど気温が下がるような凛とした雰囲気があるんです。風も通り抜けやすい場所なので、涼みがてら参拝するのもよいかもしれませんね。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9330.jpg です

Ⓒ2019mitsumaru300

この神社の隣に木でできた入り口のようなトンネルがあります。ここで海辺の生と死という映画のポスターが撮られました。満島ひかりさんがここでしゃがんでいる構図のポスターです。一緒のポーズで写真を撮るのも素敵ですね。

小学校

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 6-1-800x229.jpg です

須子茂小学校 左:デイゴの校庭 右:湧き水 Ⓒ2019mitsumaru300

続いては、須子茂小学校へ移動しました。とても趣のある場所で、校庭の真ん中にとても大きなデイゴの木があります(左上)。こどもがいた頃は、この木に登って楽しそうに笑って遊んでいるこどもがたくさんいたのでしょうね。とり残された遊具から、物寂しいなんとも言えない感覚に包まれます。集落の方が綺麗に草刈をしてくれているので、廃校(2011年)となった今もきれいに保たれています。学校の裏手に回ると、湧き水が流れている場所を発見しました(右上)。ここの水は大雨後でも濁りづらく、夏でもひんやり冷たい水が涸れもせずに流れつづけているとのこと。

こういった水汲み場があると、災害時の停電が起きても水が汲めるのでありがたいですね。

mitsumaru
mitsumaru

サンゴ礁が透ける海、その海水を利用する塩工場、奄美の伝統的建築の宿、美味しいコーヒーが飲めるカフェ、趣のある神社、デイゴが咲き誇る小学校。こんな素敵な須子茂集落をゆっくり旅してみませんか。

ということで本日はここまで。

加計呂麻島の暮らし、旅行時の注意点などをまとめたブログや動画を下記に紹介しておきますね。素敵な加計呂麻島への旅になりますように。

南の島旅行者必見!ハブ対策【kakeroma life】

2019旅行者必見!自分でできるサメ対策

ぶらり奄美大島 西古見集落【kakeroma life】

ぴよぴよからモフモフになるヒナ鳥を堪能する動画【あかひげ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」をお伝えしています!下記のSNSフォローボタンからぜひご利用ください!

mitumaru300でした!!