【シュノーケルフィッシング】の仕掛けとやり方まとめ【kakeroma fishing】

こんにちは!mitsumaru300です!!

さて今回は、風波が強い天候の中、風裏ポイントにてシュノーケルフィッシングをしてきました!夏の日中は暑すぎて陸上の釣りは危険を伴いますが、水中の釣りであれば涼しく楽しめます。いつかタイミングがあればやってみてほしい身近な釣りです。

そんなシュノーケルフィッシングの実釣は動画を、仕掛けや方法などの詳細はブログをご覧ください!

スポンサーリンク

 

mitsumaru
mitsumaru

それでは、今週の動画はこちら!!

2020年7月27日
この記事を書いた人
mitsumaru300

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)。Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」の情報もお伝えしています。ぜひご利用ください!下記のSNSボタン↓↓からフォローできます。

mitsumaru300をフォローする

釣り天気

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1_IMG_6754.jpg

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

風波が強いため、風裏ポイントで実施。

風波の方向や強さを天気予報で調べ、グーグルマップで地形を調べ、風波が弱そうな場所へ実際に行き、目でみて、自分の技量で泳げそうな状況かをしっかりと見極めてから開始します。

シュノーケリングの基礎準備

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1-3-800x229.jpg

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

まずシュノーケルの基本準備として、
ライフジャケット
シュノーケル
フィン
フード付き長袖・長ズボン
フィンソックスとビーチサンダル(またはマリンシューズ)
手袋
サメ除けバンド(シャークバンズ)があるとさらに良し

※基本、素肌が出ないようにしたほうが無難。海中にはクラゲや珊瑚など様々な痛みをもたらす生物がいます。
※2人1組でバディを組むとより安全です。
※曇り止めとして水中へ入る前に、乾いたシュノーケルレンズ内面に唾液をこすりつけた後に海水で軽くゆすぐとよいです。
※携帯が通じる場所であるのなら防水ケースに入れた携帯を持参することをお勧めします。

シュノーケルが安全に余裕を持ってできるようになってから、シュノーケルフィッシングに取り掛かりましょう!シュノーケルと釣りという別のものを同時に行うスキルが必要です。

シュノーケルフィッシングの仕掛け

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5_IMG_6758.jpg

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

ペットボトル:小~通常サイズで中心部が凹んでいるものがベスト(ラインが巻き取りやすい)
ナイロンライン:道糸6号、ハリス4号
ハリ:管付きチヌ5号 2本
錘:いらない100均のジグ40g
エサ:魚やイカの切り身(ジップ付き袋に入れて)
魚入れ網
ハサミ、スプリットリングプライヤー(毒のある魚対応)

道具はたったこれだけ。とてもシンプルですよね!

シュノーケルフィッシングのやり方

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6_IMG_6759.jpg

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

仕掛けを落とす場所を決めてからペットボトルの蓋を外し仕掛けを水中へ出します。エサをつけて仕掛けをポイントへ落とします。慣れてきたら泳ぎながら珊瑚の際を攻めても構いません。魚がエサを加えたら自分から合わせを入れてもいいですが、ほとんど魚から勝手に掛かってくれるので魚合わせで良いと思います。
根に潜られないようにすぐナイロンラインをペットボトルへ巻き付けていきます。毒のない魚なら手袋越しにしっかりと魚を掴み、ハリを外し、サバ折をして網にいれます。

サバ折で即殺をすると血がでます。夏はサメが活発なので呼び寄せてしまうリスクがあります。

もし心配であれば荷物は増えますが、冷凍ボトルを入れた発砲スチロールと自分をロープで繋いで、釣った魚をそのまま発砲スチロールに入れるという方法もあります。この方がサメ対策として良いと思いますが、取扱になれないとロープが絡まるリスクもあります。釣った魚を即殺せずに生きたまま網に入れる手もありますが、棘が刺さったり、噛まれたりするリスクがあります。ここが悩ましい問題なんです。自分に合った方法を試してみましょう!

終えるときは仕掛けをペットボトル内にしまい、ラインを傷つけない程度に蓋をしめて岸まで戻りましょう。

釣れた魚たちと料理

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2-3.jpg

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3-3.jpg

加計呂麻島 ©2020mitsumaru300

クマドリはモンガラハギ系なので身に弾力があり、鶏もも肉のような味わいで美味しいです。ぜひ釣れた時は見た目にビビらずに食べてみてください!

mitsumaru
mitsumaru

今回はシュノーケルフィッシングについてまとめました。シュノーケリングに慣れたら次のステップとしても楽しいと思いますよ!

ということで本日はここまで。

加計呂麻島の暮らし、旅行時の注意点などをまとめたブログや動画を下記に紹介しておきますね。素敵な加計呂麻島への旅になりますように。

加計呂麻島への交通手段はこちら!

【南の島旅行者必見!】ハブ対策【kakeroma life】

ヌカカ被害を避けるために旅行者がまずやるべきこと【kakeroma life】

【旅行者必見!】自分でできるサメ対策

【これができれば大丈夫!】加計呂麻島移住のアドバイス

ぴよぴよからモフモフになるヒナ鳥を堪能する動画【あかひげ】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」をお伝えしています!下記のSNSフォローボタンからぜひご利用ください!

mitumaru300でした!!