危険だけど釣れる!テトラ刺し餌サビキの方法まとめ【kakeroma fishing】

こんにちは!mitsumaru300です!!

さて今回は、ハイリスクハイリターンの釣りである「テトラ刺し餌(さしえさ)サビキ」の方法について解説します。

道具や釣り人の転落のリスクがあるので正直オススメしません、、、が、釣れてしまうのです、、、

どうしてもやってみたいという方は、自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

 

mitsumaru
mitsumaru

それでは、今週の動画はこちら!!

2019年12月9日
加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

この記事を書いた人
mitsumaru300

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)。Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」の情報もお伝えしています。ぜひご利用ください!下記のSNSボタン↓↓からフォローできます。

mitsumaru300をフォローする

釣り天気

加計呂麻島、冬、薄曇りの午前中、波風穏やか。

雨が降った時は足元が滑りとても危険です。風も強いとさらに転落の危険性が高まります。慎重に天気を選びましょう!

テトラ刺し餌サビキの「下準備」

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

このテトラ刺し餌サビキは、一般的な堤防サビキをこなせる方の応用編と捉えてもらえると良いと思います。

道具の配置から使い方、魚の取り込みから下処理までできるようになってから上記の下準備に取り掛かるといいと思います。mitsumaruは普段よく行く釣り場でしかやりません。あの場所に魚がよく溜まっているな、、、あの場所まで安全に移動できるか、、、この場所で釣るなら道具はこうやって配置して、魚の取り込みはこうやろう、、、天候はだいじょうぶかな、、、などなどしっかり下準備をしてから行っています。

もし転落して意識があったときに助けを呼べるように防水ケース入りのスマホも首から下げています。

最悪、転落して死亡する可能性もある危険な釣り方なので安易に下準備もせずやろうなどとは思わないでください。

道具紹介

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1-1-800x230.jpg です

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

テトラの隙間に落とせる水汲みバケツは手作りです。2Lのペットボトルの上部を切り、錘をペットボトルの片方に結び、足元から海面までの長さの紐を結び付けています(左上)。魚を入れるバケツは鰺バケツ33㎝とエアポンプを準備しました。テトラ上で活け締めは手間もかかるので、安全な場所へ移動してから行おうと考えました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2-1-800x230.jpg です

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

基本、小物はライフジャケットへ接続します。転落したときのことを考えるとヘルメットも必要かと思いましたが、、、そこまで揃える気力がありませんでした。サビキ仕掛けはハヤブサ蓄光スキンMIXの鈎6号、幹糸4号です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 3-1-800x230.jpg です

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

サビキ仕掛けにはスプールシートが必須ですね。しっかり洗って乾燥させればまた使用できます。サビキの上下を間違えないようにしましょう!

サビキ仕掛けの幹糸とハリスの位置関係が小文字の「r」になるように、、、。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 4-1-800x230.jpg です

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

根掛かり予防で餌かごは付けずに5g未満の錘を付けました(左上)。

水切りざるにオキアミを入れ、タモも邪魔にならないところに配置します(右上)。タモは魚の取り込みに使用しなくても、今回の釣行のように落とした道具を拾うときにも役立ちますのでぜひ持参しましょう。オキアミを撒く道具を準備してもよいのですが、mitsumaruはゴム手袋を両手にしました。

手で投げる方が得意なのと、魚の取り込み時にサビキ鈎が刺さるときがあるのでケガ予防のために選択しました。

ゴム手袋だと餌を掴んだ後に、さっとバケツの海水につければヨゴレが落ちるので便利ですよ。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5-1-800x230.jpg です

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

撒いたオキアミが仕掛けを落としたい場所に流れ着くように、撒く位置を調整します(左上)。

とても面倒くさいと思いますが、一鈎一鈎にオキアミ1匹を確実に刺すようにしましょう。これをするかしないかで勝負が決まります。こうすることで、無駄に餌をばら撒いて魚がお腹いっぱいになり、まったく魚の喰いつきがなくなることも予防できますよ。

1時間の釣果

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 6-800x600.jpg です

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

いろんな魚が短時間で釣れてとても楽しかったです!

片付け・移動・処理・掃除

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 7-800x231.jpg です

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

片付け中に水切りざるを落としてしまいました。

釣り開始のエサが入っている状態でこれをやってしまったらもう釣りは終了となってしまいます、、、。恐ろしい。タモがあったのでごみを出さずに済みました。サビキ仕掛けにはスプールシートは必須です!

移動時は荷物を小分けにして、安全第一で移動しましょう!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 8-800x231.jpg です

加計呂麻島 ©2019mitsumaru300

活け締めや内臓処理は安全な場所で行います。終了したらしっかりと掃除もしましょう!

1時間で30~40㎝の魚が6匹も釣れたこの「テトラ刺し餌サビキ」。

ハイリターンの陰にはハイリスクが付きまといます。

チャレンジされる方は心して準備をし、集中を切らさずに釣行をした方が身のためです。すごく釣れるんですけどね、、、十分お気をつけください。

ということで本日はここまで。

加計呂麻島の暮らし、旅行時の注意点などをまとめたブログや動画を下記に紹介しておきますね。素敵な加計呂麻島への旅になりますように。

【ぶらり加計呂麻島の旅】塩と珊瑚の須子茂(すこも)集落【kakeroma trip】

ぶらり奄美大島 西古見集落【kakeroma life】

ぶらり加計呂麻島のたび:果樹とイカ釣りの俵集落【kakeroma life】

あかひげのヒナが巣立つまで【kakeroma life】
加計呂麻島の暮らし。裏小屋の段ボールにあかひげのヒナを発見。巣立つまでの10日間の成長記録を紹介します。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

mitsumaru300.comにて加計呂麻島の暮らしや釣り情報をお届けしています(釣り:毎週月曜夜8時配信)Twitterから最新ブログと加計呂麻島の天候や服装、フェリー運航状況など、加計呂麻島の「今」をお伝えしています!下記のSNSフォローボタンからぜひご利用ください!
mitsumaru
mitsumaru

mitumaru300でした!!