アオチビキつれたよ【AMAMI Kayak Fishing】


こんにちは!mitsumaru300です😆

奄美もすっかり秋になりました👀短パン、半袖から長袖に徐々に衣類も秋めいてきました。こんな調子で魚も脂をのせていってくれるとありがたいですね。期待が膨らみます。

初動画ではありがたいことに様々なコメントをいただきました。うれしいことですね。そのコメントで、あの引きはフエフキ系の引きではないかとか、巨大なハタじゃないかなどいろいろな予想までしていただきました。巨大なフエフキ、、、、アカジン・ハージンなどなど妄想が膨らみますね。


それでは、今週の動画はこちら!!

アオチビキつれたよ【AMAMI Kayak Fishing】

アオチビキ釣れたよ【AMAMI Kayak Fishing】

毎週月曜夜8時はmitsumaru300.com!!3分釣り動画🎣YouTubeにて配信中!TikTokでも奄美や加計呂麻島の景色や1分釣り動画を配信中!!そちらもmitsumaru300でやってます!

動画紹介

まず初めに、goproの角度が上過ぎてあまり魚がみえない動画となってしまいました。誠にすいませんでした。次からはカメラのアングルに配慮いたします。

初回動画のドラグ音が炸裂するような引きはありませんでしたが、初めてアオチビキが釣れました😋

初のアオチビキ 加計呂麻島

体長40㎝、ただリールを巻くだけで余裕を持って釣り上げることができました。

画像に写っているいるジグはほんとによく釣れます。

メジャークラフト スロージギング用 オールグロー120g

根がかりが多そうな場所だったのでフロントのみダブルフックを装着し、きれいに口へフックが刺さっていました。

前回の引きはこのアオチビキが3匹同時にかかったような引きだったので、ますますBig fishへの妄想が膨らみます。待ってろよ〜   Big fish‼️

今回初めて釣ったアオチビキ。この魚の刺身は当日食べると美味しいんです。カスミアジとかハタ類はうまく下処理をすると2-3日後まで美味しく刺身でたべられますが、このアオチビキは当日、遅くとも翌日ですかね。少しみずっぽさがある刺身です。

アオチビキ刺身 翌日 加計呂麻島

カスミアジよりも薄い身の色ですね。上記画像は翌日の刺身画像です。

アオチビキ 皮側 加計呂麻島

今回は翌日に食べたので、やや鮮度落ちなので皮側をあぶって食べたいと思います。

アオチビキ 炙り 加計呂麻島

まずは皮だけで炙り、マヨネーズをかけてまた炙ります。焦げ目をつけるだけでなんとも香ばしくなるのがいいですね!残りの切り身は冷凍して保存し、食べるときには解凍してバターソテーにしてよく食べています。冷凍技術が発達してくれたおかげでこのように食べたいときに食材として使用できるのは本当にありがたいことです。ただ、加計呂麻島は大型台風がよく通過します。そんなときは停電もしょっちゅうなのであまり多くの食材を私は冷凍しないようにしています。なるべく獲った魚をそのまま食べて、魚がなくなったらまた獲りにいく、、、、そんな生活に近い暮らしをしています。

ということで、今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございました!

毎週月曜夜8時はmitsumaru300.com!!3分釣り動画🎣YouTubeにて配信中!TikTokでも奄美や加計呂麻島の景色や1分釣り動画を配信中!!そちらもmitsumaru300でやってます🙏